MIHO&石井彰Trio ジャズライブ終了!

6月24日 (金)

このたび、Lavandula のジャズセッションリーダーでもあり、君津在住のジャズボーカリストMIHOさんと、日野皓正氏のレギュラーピアニスト石井彰さんのトリオとの初共演が実現しました。\(^o^)/

MIHOさんにとっては、夢のような共演だったそうです。

お陰様で、超満席!!   当日申し込みのお客様をお断りするほど大盛況となりました\(^o^)/ 

MIHOさんのLavandulaのライブは、二回目となりますが、素晴らしいメンバーの演奏をバックに、ボーカルに専念されたMIHOさんの歌声は、想像をはるかに超えて、情熱的で実にパワフルで感動しました。

今回は、なんとMIHOさんのオリジナルも交えており、ぎりぎり到着されて当日のほんの30分程度のリハーサルで、本番を迎えたとは思えないプロフェッショナルさ\(^o^)/には本当に驚きでした。

場所的に石井さんのピアノを弾く姿が見えない位置なのが残念だったのですが、石井さんはお見えになった時の重みのある物静かな印象と、打ち上げでの印象は全く変わって、ユニークなところもあり、MIHOさんも絶大なる信頼をもっているピアニスト石井彰さんにますます興味が湧いてきました。

今回初めてお会いしたウッドベースの杉本さんも、ドラマーの岡田さんも気取らず自然体で、とても弾けていました。

特に、岡田さんのドラムは、椅子に座らず立ったまま、しかもLavandulaのドラムセットにボンゴやコンガを加えて、赴くままに実に楽しいそうに叩く姿が印象的で、ドラムはこうじゃなきゃいけない! っていう決まり事とか、ないような気がして、ジャズだからこその面白さ満載でした。

本当に素晴らしいジャズナイトでした。

★セットリスト★

《1ステージ目》

トリオでインスト2曲

Take the "A" Train

Lush life

Caravan

Prelude To A Kiss

I Love Music (オリジナル)

楽園 (オリジナル)

《2ステージ目》

Waltz For Debby

You Must Believe In Spring

精霊流しの夜 (オリジナル)

地球の声 (オリジナル)

Spain

上を向いて歩こう

<アンコール>

愛燦燦

My Romance


足元の悪い中、遠方から駆けつけてくださったお客様も何組かいらっしゃいましたが、このたび、縁あって、Lavandulaで、楽しいひとときを共有できた皆様に、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

★追伸  気さくで、気取らないトリオのメンバーの人柄は すべて最後の集合写真が物語っています。(笑)

Cafe Gallery Lavandula

「Lavandula」 の花言葉 は.......      期待 ♡   あなたを待っています♪

0コメント

  • 1000 / 1000