佐藤洋祐 with 海野雅威(p)吉田豊(b)JAZZ Liveレポート

4/16、世界的にも認められているSax Player 佐藤洋祐さんと、ジャズ界で大人気のジャズピアニスト海野雅威さんとベーシスト吉田豊さんとのトリオによるスペシャルLIVEがついに実現しました。\(^o^)/

三人はニューヨークで出会い、今もなお固い友情で結ばれていて、とても信頼し合える素敵な関係…♡ 

三人の心の通い合った演奏やまたほっこりするようなトークで、心が温かくなりました。

佐藤洋祐さんは、一年ほど前ニューヨークから、地元の佐倉市に拠点を変えて、ジャズフェスティバルを企画するなど、地域にジャズを楽しんでもらうような活動もされているのですが、聞くところによると、ニューヨーク在住の海野さんは、佐倉でのジャズフェスに出演してもらうために、日本に呼ばれたそうです。

一週間ほど日本にいる間に、他でもいくつか演奏する場所を決める中で、Lavandulaを選んで下さり、今回のご縁につながりました。 本当に光栄な事です。

素晴らしいミュージシャンとの出会いがあり、またそこから、新たに素晴らしいミュージシャンとの出会いがあり、必然のように素晴らしいお客様との出会いにも繋がる。

音楽がそこにあって、繋がるご縁…♡、ありがたいことに、Lavandulaはたくさんの出会いに溢れていて、本当に嬉しい限りです。

ここ最近のライブやセッションなどで、たくさんのピアニストによって奏でられるピアノの音、そしてたくさんのサックスプレーヤーの奏でる音は、それぞれに違っていて、表現にも個性があり、だからこそ そのたびに新鮮で心が動かされました。

ピアノは全く同じピアノなのに…♫

初めて聴いた海野さんのピアノは、穏やかに、軽やかに、音で会話しているかのようでした♪

CDのテーマにもあったように

「心に寄りそう、あたたかく灯るー そんなジャズがあってもいい」

なつかしくも新しいジャズ♫  じんわりと心に染みてきました♡


何故でしょうか? 

不思議なことに、何回も聞いたはずの佐藤洋祐さんのSaxも、違う印象の音となって、耳に届いてきました。

生の演奏は、演奏者、そして目の前にいる聞き手がいて、その時その時の瞬間にしか奏でられない音が生まれ、音が重なっていくんでしょうね♪

 音に表情があり、個性があり、二度と同じ演奏はないというような…

そこがジャズの一番の面白さなのかもしれません。


 終始にっこり微笑んでいる表情だった海野雅威さん♡ 実は、時差ボケで大変だったらしいです。

Lavandulaファミリーのファンになったと言って下さった吉田豊さん♡

サックス吹いたり、フルート吹いたり、クラリネット吹いたり…歌ったり…多才な佐藤洋祐さん♡

顔が隠れてしまってますが、佐藤さんのご友人のドラマー米本さんが飛び入りで、何曲かドラムを叩いて下さいました。

うっかり忘れるところでしたが、お帰りになる寸前のぎりぎり記念撮影♡

今回も、ラワンドゥ第二回目の街の素敵なピザ屋さん「Pantry Jack」にも登場していただき、焼き立てピザと共にジャズを楽しんでいただきました。

お陰様で、ライブもピザも大盛況\(^o^)/

この春、ライブ続きのラワンドゥラに、度々足を運んでくださったお客様も少なくありません。

本当にありがとうございます<m(__)m>

心より感謝申し上げます。<m(__)m>

これからも、Lavandulaで、皆さんと一緒に素晴らしい音楽を共有できますように……♡

Cafe Gallery Lavandula

「Lavandula」 の花言葉 は.......      期待 ♡   あなたを待っています♪

0コメント

  • 1000 / 1000