7/21開催間近! 小暮哲也(gt )&土田晴信(オルガン)&二本松義史(dr) Jazz LIVE

いよいよ今週の土曜日です♪ 空席あります。

絶賛ご予約受付中!!! 

3月の土曜の午後のJazz Cafeでも、演奏していただいた木更津在住のジャズギタリスト小暮哲也さんが、オルガン奏者の土田晴信さん、ドラマーの二本松義史さんのトリオにて初ライブです♪ 

乞うご期待♪ 

 2018年 7 月21日(土) 
18:30開場/19:30開演 


 ★ チケット 
 前売 ¥3000円 ( 別途オーダー )  
 当日 ¥3500円 ( 別途オーダー )
 ※予約問合せ  080-4666-3702   平野


【プロフィール】

 ●小暮 哲也 (ジャズギタリスト) 

千葉県出身  14才のとき、ギターを始める。 チャーリー・クリスチャン、ウエス・モンゴメリーやジョー・パス、ケニー・バレルなど偉大なジャズギタリストたちの演奏を聴き、その後グラントグリーンの音楽と出会いその歌心の魅力に惹かれていく。 岡安芳明氏に師事。 サラリーマンとして働く傍らギターをひたすら練習し千葉県、都内、横浜のジャズクラブやライブハウスを中心に修行。 2010.12.15ホワッツニューレコードより待望のリーダーアルバム”Am I blue?"発表! (岡安芳明プロデュース) 確かなオリジナリティとあのフレーズが融合、和製グラント・グリーンがデビュー (Jazz guitar book誌より) グリーンのスタイルを受け継ぎブルージーなフレーズを迷うことなく正攻法にシングルトーンで歌い上げる。 無駄な速弾きなどしないで一音一音じっくりと自分のフレーズで歌っているところが素晴らしく、ミディアムテンポのスウィング感は絶品。(Jazz life誌より) 2011.3.20 小暮哲也カルテットplus岡安芳明NHKセッション2011に出演。 今、最も注目を集めるギタリストとして高い評価を得る。 2012.9 豪華客船飛鳥Ⅱで小暮哲也カルテット出演。 2012 SB食品に曲を提供する。 2013.6.26 モーションブルー横浜に小暮哲也カルテット出演 2013.12 豪華客船飛鳥Ⅱで小暮哲也カルテット台湾ツアー2度目の出演。 2014.6.17 モーションブルー横浜 小暮哲也トリオ出演。 2014.8月、9月 小暮哲也トリオ 東海地方&大阪ツアー 2015年現在YouTubeチャンネルでレッスン動画配信中。自己のジャズギタースクールで積極的に指導をしている。 


●土田晴信 (ハモンドオルガン・ピアノ奏者) 

ノーザンイリノイ大学ジャズピアノ科、デポール大学院ジャズ作編曲科卒業。ピアノをWillie Pickens、ハモンドオルガンをTony Monaco、Chris Foremanに師事。11年間アメリカ・シカゴを中心にジャズやブルース系ハモンドオルガン・ピアノ奏者として演奏活動。2010年に日本に帰国し活動。新たに2013年にドイツ・ベルリンに転居しヨーロッパ中心に活動。アメリカ・ドイツ・イタリア・チェコ・スロバキア・スウェーデン・ノルウェーなどで演奏。2016年より日本中心に活動再開。 2006年にジャズオルガン奏者としてデビューアルバムとして”Midnight Shuffle”をリリース、2010年に”Next Time You See Me”をリリース、2015年にドイツのMons Recordsより”Swingin’ with the Hammond Organ”をリリースし、アメリカ・ヨーロッパ・日本・その他の国でディストリビュートされる。 Chicago Blues Festival, Baltimore Blues Festival, Waterfront Blues Festival, Gary Jazz Festival, Chicago Asian Jazz Festival, Eddie Lang Jazz Festival, International Jazz Festival Prahaなどその他多くのアメリカやヨーロッパのブルースやジャズフェスティバルにリーダー及びサポートとして出演。またアメリカやドイツでテレビ出演。 日本人ハモンドオルガン奏者としてアメリカ、ヨーロッパ、日本とワールドワイドな活動を行っている。また教育者として2016年から慶應大学にて一般教養としてジャズのクラスを教えている。


 ●二本松義史 ( ドラマー ) 

1978年12月15日生。福島県南相馬市出身。 12歳からドラムとクラシックパーカッションを始め、数々のコンクール、コンテストで賞を受賞。 1995年には、オーストラリアで公演、キャンベラ市から名誉市民の称号を贈られる。 1997年、ドラムに専念する為、洗足学園短期大学(ジャズコース)に入学し大坂昌彦氏に師事。 在学中から都内ジャズクラブ、ジャズフェスティバル等に出演し、数多くのミュージシャンと共演し研鑽を積む。 2001年、バークリー音楽大学の奨学金を得て渡米。 George Garzone、Jamey Haddad、Joe Hunt、Jon Hazilla、Ed Kaspik、 Dave Santoro、Casey Scheuerell各氏に師事。 2003年には同校の代表に選ばれBlue Note New Yorkに出演。 また同バンドでSIRIUS Satellite Radioの番組に出演し、公開録音の模様が全米に流される。 卒業後ニューヨークに活動の拠点を移し、ジャズクラブやジャズフェスティバルにて幅広く活動。 2008年、日本に帰国。 2009年、横浜Jazz Promenade 2009に於いて山田拓児Quintetで「グランプリ」、 個人賞として「洗足学園音楽大学賞」、第29回浅草Jazzコンテストに於いて、山田拓児Sextetで「金賞」を受賞。 2010年、Summer Sonic 2010に出演。TOKU with Strings & HornsのメンバーとしてBlue Note Tokyoに出演。 ニューヨーク滞在時に結成したUoU(ユーオーユー)のファーストアルバム"Home"をアメリカのTippin' Recordsからリリース、 米Jazz Week World Radioのチャートで2週連続1位を獲得。 2013年にはUoUのセカンドアルバム"Take the 7 Train"を発表。 1934年創刊の米国で最も権威のあるジャズ専門誌「ダウンビート」に取り上げられ好評を得るなど大変注目されている。 現在、様々なバンドでサイドマン、レコーディングアーティストとして精力的に活動中。

Cafe Gallery Lavandula

「Lavandula」 の花言葉 は.......      期待 ♡   あなたを待っています♪

0コメント

  • 1000 / 1000